主婦が考えたおそうじ方法

延長コードの取り扱いは注意が必要です

電気コンセントでは短い時に延長コードを使用しますがその時の知識を説明します。

 

延長コードは、15A125Vと記載してある表示の時は、15Aは、ワット数でいうと1500Wです。

 

他の商品があった場合、アンペア数に100をかけるとワットが出ます。

 

この例で言いますと1500Wまで使えるということです。

 

1500Wを超えますとコードが溶けたり熱くなったりと火事になる原因です。

 

それとトラッキング現象といいコンセントやテーブルタップに長期間電源とプラグを差し込んでいるとコンセントとプラグとの隙間に徐々にほこりが溜まり、火事になる現象

 

です。

 

上記のおそれがありますので十分注意してください。