主婦が考えたおそうじ方法

汚れをためると掃除も大変です。こまめにしましょう

毎日きちんと掃除をしなくても、場所や汚れの度合いに応じたお手入れをすれば汚れがたまることなく掃除のコツを身を習慣できるように身に付けください。
掃除道具は、気になった時にすぐできる場所に置き、目につくようにしたほうがいいと思います。
お掃除カレンダーを作り行動するのもいいと思います。
お掃除のコツは、汚れている上(天井部分)から下(床部分)に進みます。
なぜかというとホコリは上から下にたまりますので下からきれいにしても上を掃除した汚れが下につくのでまた下を掃除しなければいけないので2度手間になるからです。

 

1.使ったらすぐ片づける。
 食べ終わったらすぐ片づける。浴室から出る前に軽く掃除する等使ったものは、その都度元の場所、元の通りになるよう心がけましょう。
2.こまめに掃除しましょう。
 リビング
 物の床置きはやめましょう。「とりあえずここに置こう」という癖がつくと定位置なります。新聞、小物類、リモコン等は、ラックにしまうようにしましょう。
 布製品はほこりが付きやすいので極力置いたりしないほうがいいと思います。

 

 浴室
 シャンプーなどのボトル類の直置きはカビの原因ですのでラックにつるしたりゴミがたまらないように工夫しましょう。
 ブラシやスポンジは、吊るしたりする様にしましょう。
 カビが発生しますと落とすのが大変です。日頃入浴が終わったら、から拭きをするようにし、換気をしてください。 
 洗面
 洗面台の上にいろいろとおいてしまいがちです。
 極力置かないようにしましょう。
 ガラスも汚れが付きやすいです。拭くようにしましょう。

 

 キッチン
 火を使うものは、火のそばにまとめる。調味料は、調味料で1か所にまとめる。鍋は鍋で1か所にまとめるなどの工夫をしてください。
 油や焦げ水垢、ほこり食べかす、臭いなどが発生する場所です。気になったら拭き掃除をしましょう。